【夢占い】陶器が夢に出てきたら?その14の意味

夢占い 陶器

陶器、すなわち「焼き物」は素朴な風合いや、手作りの暖かさが印象的ですよね。
プラスチック素材のものには無い、味わいのある表情を見せてくれます。

では、そんな陶器が印象的な夢を見たとしたら、そこには一体何が示されているのでしょうか?
今回は、夢占いで陶器の夢の意味について見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

 

陶器の夢の意味とは?

 
夢占いで陶器は、大きく次の2つの意味をあらわします。
 
1.自分自身
 
夢占い陶器は『自分自身』の象徴。
その状態は、今のあなたの肉体や精神の状態を反映します。

基本的に色艶のよい陶器など、印象の良い夢であれば心身の状態は健康と言えます。
逆に、印象の悪い夢であれば、心身に何かしらの問題を抱えている、あるいはこれから抱えることになるのかも。

まずは夢で見た陶器の印象を手がかりに判断してみましょう。
 
2.身の回りの状況
 
夢に出てきた陶器が、身の回りの状況を象徴することもあるようです。
陶器の状態や、夢の中でどのように陶器を扱ったのか、などが判断のポイントに。

また、その陶器が特定の誰かを象徴しているケースもありそうです。
多くの場合、身近な人物を暗示しているでしょう。


 
陶器の夢の基本的な意味を見てきましたが、いかがでしたか?

では、ここまでの状態を踏まえた上で、陶器の夢のパターン別の意味もチェックしてみましょう。
 

スポンサーリンク

 

陶器の夢 パターン別の意味

 

1.大きい陶器の夢

 
大きな陶器が夢に出てきたとしたら、もしかしたら愛情を求めているのかも。
心のどこかに満たされない気持ちを抱えてはいませんか?

それは、友人関係に対してかもしれませんし、恋愛についての場合も少なくありません。

身近な人との関係がうまくいっていない場合もあるでしょう。

いずれにしろ、心を満たすためには、なんらかのアクションを起こす必要がありそうです。
 

2.小さい陶器の夢

 
良く言えば集中できている、悪く言えば余裕の無い精神状態を暗示しています。
今の状態が続けば、次第に周りの人たちとの関係が疎遠になってしまう恐れがありそうです。

気づいたら周りに誰もいなくなってしまった…なんてことのないように気をつけましょう。
視野が狭くなりがちなので、意識的に周りを見る努力をすることです。
 

3.厚みがある陶器の夢

 
しっかりとした厚みのある陶器の夢は、精神的に厚みが出てきたことを意味します。
多少のことでは揺らがない自信が身についてきたのでしょう。

男女の違いなく、男性的な性質が強くなっているようです。
人によっては、職場でリーダーシップを発揮するなど、周りから頼られることも増えてきそうですよ。
 

4.薄い陶器の夢

 
薄い陶器は見た目にも繊細で美しいもの。
ですが、ちょっとのことで割れやすいというリスクもあります。

このような薄い陶器を夢に見た場合、それは精神的に少し脆くなっていることを暗示しているのです。
何らかのショックが加わると、それだけで壊れてしまうような危うさがあります。

今はあまり無理をせず、自分に負担のないペースで物事を進めるようにしましょう。
ストレスや疲れを感じたら、早めに休むことです。
時には逃げたっていいんですよ。
 

5.陶器を買う夢

 
陶器を買う夢は、『新しい自分になりたい』という願望や意欲のあらわれ。

買った陶器のデザインは、新しい自分をイメージしたものであることが多いようです。
よく思い出してみましょう。

また、陶器に一目惚れして衝動買いしてしまう夢なら、何らかのラッキーが訪れる予感。
そのおかげで人生が好転する可能性を秘めていますよ。

▶︎関連記事
買う夢の意味とは?
 

6.陶器を選んでいる夢

 
数ある陶器の中からどれか一つを選ぼうとしているとしたら、そこにあなたの選択基準が反映されています。
それは時に、恋人やパートナーを選ぶ基準だったりもします。

選んだ陶器の色や印象に、あなたの人生観が反映されているでしょう。
もし自分でもまだ自覚していない部分が発見できたのなら、それを踏まえて今後の選択を決めていくことです。
 

7.陶器を眺めている夢

 
見るからに美しい陶器を眺めているとしたら、それは満たされた精神状態を暗示しています。
身近な人間関係が充実しているのでしょう。

今の幸せを十分に噛み締めるだけでなく、周りの人に幸せを与えられるようにすると、さらに幸せの輪が広がっていくはず。

ただし、陶器に異常が見つかる場合は、何らかの警告を伝えているのかも。
念のため注意を。
 

スポンサーリンク
 

8.陶器を手に取る夢

 
『慎重に行動しましょう』というメッセージ。

陶器は落とすと割れてしまうリスクが高まります。
陶器を手に取るということは、今の状況に若干のリスクが伴うということ。

今取り組んでいることは慎重に進めないと、あとあと大変な問題が起きてしまうかもしれません。
くれぐれも気をつけてくださいね。
 

9.陶器が割れる夢

 
精神的なダメージを負うリスクが高まっています。

特に人間関係に問題が生じる可能性が高いようです。
それも家族など、比較的身近な関係の人と。

あらかじめ心の準備をしておけば、いざという時に感情的に揺さぶられにくくなります。
気持ちを強く持って、備えをしておきましょう。

また、しばらくは周りの人への言動には十分に注意すること。
 

10.陶器にかすかなヒビが入っている夢

 
チクっと胸が痛むような出来事が起きる前触れ。
そんなに恐れることはありませんが、ちょっぴり嫌な思いをすることは覚悟しておいた方がいいかも。

なお、そのヒビが見過ごせないくらい大きなものであれば、『陶器が割れる夢』と解釈します。

大きなショックを受けてしまうような出来事が起きるかもしれません。
くれぐれも気をつけてください。
 

11.陶器を買って後悔する夢

 
変わりたい気持ちと、変わりたくない気持ちが葛藤しているようです。

現状を変えることはリスクが伴うもの。
あなたは、新しい自分になりたいと思いつつ、そのリスクが気になって仕方ないのでしょう。

ただ、これは実はよくあること。
なぜなら、私たちの脳は基本的に変化を嫌うものだからです。

そうとわかったら、あとは行動あるのみ。
変わりたい気持ちに素直になって、一歩踏み出してみてくださいね。
 

12.陶器をつくる夢

 
自分自身の気持ちと向き合っている状態のあらわれ。
言い換えれば内省的になっているということです。

これまでのことを振り返り、自分をより深く理解しようとしているのでしょう。

思い通りに陶器が出来上がっていくのなら、その取り組みは順調です。
これまで気づいていなかった『自分らしさ』を発見し、人生に新しい変化を与えられるでしょう。

また、なかなか上手に陶器ができなかったとしても、焦ってはなりません。
ゆっくりと時間をかけて、自分自身を見つめれば、きっとプラスの発見があります。
迷わずに続けてみてくださいね。
 

13.陶器をプレゼントする夢

 
知り合いに陶器をプレゼントする相手なら、それはその人と仲良くなりたいという気持ちのあらわれ。

相手が快く受け取ってくれるなら、関係は良好に発展しそうですよ。
早速、相手に声をかけてみましょう。

また、見知らぬ人に陶器をプレゼントするのは、恋人や信頼できる友人を求めているということ。
積極的に出会いを求めてみてもいい時期かもしれませんね。

▶︎関連記事
買う夢の意味とは?
 

14.陶器を落としてしまう夢

 
陶器を落としてしまうのは、不注意への警告です。
落とした結果割れてしまうなら、自らの判断ミスや見落としによって精神的に落ち込むことに…。

そうならないためにも、しばらくは何事にも慎重に対処すること。

また、不平不満など、状況に対してネガティブな思いを持たない方がいいでしょう。
それらは、結果的に自分自身の首を締めてしまいますよ。
 

スポンサーリンク

 

まとめ

 
陶器の夢は、自分や自分を取り巻く環境のことをよく理解するチャンス。
夢からのメッセージを上手に活用して、より充実した日々を送るヒントにしていきましょう。

今回の記事があなたの夢を読み解くヒントになれば嬉しいです。
それでは。

お知らせ

・TV番組『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日)に夢占いを提供しました。

→夢日記アプリ『夢ログ』を絶賛リリース中です!

キーワード(単語)で夢を検索

カテゴリーで夢を検索