【夢占い】画家の夢を見るのはなぜ?その意味とは

夢占い 画家

画家は、常人には不可能に思えるタッチで見事な絵を書き上げる芸術家です。
特に歴史に名を残すような画家は、素人目にも圧倒されるような素晴らしい作品を残すもの。

では、そんな画家が夢の中に現れたとしたら、そこにはどんな意味が示されているのでしょうか?
今回は夢占いで画家の夢があらわす意味について、見ていきたいと思います。
 

スポンサーリンク
 

夢占いで画家の夢の意味とは?

 
夢占いにおける『画家』は、大きく次の2つを象徴しています。
 
1.自己表現したい気持ち
 
多くの場合、画家の夢は『自己を表現したい』という願望のあらわれ。
逆に見ると、現状ではうまく自分を表現できていないと感じていることを意味します。

ひょっとして、あなたは今の自分の評価に納得がいかないのではないでしょうか?
本当はもっと評価されていいはずなのに、そうなっていない現状に苛立ちを感じているのかも。

とはいえ、その原因が表現力のなさにあるかどうかは定かではありません。

自分を表現しようとして、過剰な自己アピールに走らないように注意したいところです。
 
2.憧れ
 
画家が夢に出てきたとしたら、画家のような芸術的、個性的な才能にあなたが強い憧れを抱いているのかもしれません。

自分自身の平凡さを嘆いている傾向もありそうです。
ただ、人の才能は、本人ではなかなか見ることが難しいもの。

あまり自分で自分の可能性を決めつけないように気をつけてくださいね。

また、画家が描く絵にはあなたの心象風景が反映されているケースもあります。
絵の様子が印象的なら、それも踏まえて夢を判断してみましょう。


 
ここまでが画家の夢の基本的な意味となります。
では、さらにここからは画家の夢のパターン別の意味についても見ていきたいと思います。
 

スポンサーリンク
 

画家の夢 パターン別の意味

 

1.画家と仲良くなる夢

 
画家と夢の中で親しくしているとしたら朗報です。
自己表現が上手にでき、周りの人から良い意味で注目を集められるでしょう。

会社員の人であれば、出世や昇給のチャンスが巡ってくるかもしれませんよ。
また、あなたの人気が高まるので、素敵な異性からのアプローチも期待できそうです。

夢の印象が良いほど、その傾向が強まります。
この流れに乗って、幸運を掴み取りましょう。
 

2.画家がロマンティックな絵を描いている夢

 
心を奪われるようなロマンティックな絵を画家が描いている…

そんな光景を夢に見たとしたら、それは恋に恋焦がれている状態を意味します。

素敵な恋をしてみたい気持ちが高まっているようです。
フリーの人なら、好きな人には積極的にアプローチしてみましょう。

また、恋人がいる場合は、今の恋愛に不満を感じているサインと言えます。
付き合った当初のラブラブだった頃に戻るためにも、二人の関係に刺激を与えてみては。

普段行かないような場所に二人で出かけてみたりすると、変化が生まれそうですよ。
 

3.画家が派手な絵を描いている夢

 
自己主張が強すぎることへの警告かも。
そのせいで、せっかくのアピールが逆効果になっているようです。

また、目立とうとしすぎるあまり、自分自身のことを見失っている恐れも。

個性は目立とうとして際立つものではありません。
普通にしていても目立ってしまうのが個性というものです。

もし、無理をして自分をアピールしようとしているとしたら、一旦ストップすること。
そして、ありのままの自分の良さに目を向け、それを活かすことを考えてみましょう。
 

4.画家が奇妙な絵を描いている夢

 
混乱した心理状態のあらわれ。
精神的に不安定になっていて、感情的になりがちな時期です。

また、その絵からなんとなく嫌な印象を受けたとしたら、同じような印象を周りの人に与えてしまっている可能性も…。

自分を客観的に見るためにも、まずは気分転換をするなどして、混乱した気持ちを落ち着けることが先決です。
 

5.画家から絵を買う夢

 
特別な才能や能力への憧れの強さを暗示しています。
自分も特別な存在になりたい、という思いが高まっているようです。

その結果、本来の自分らしさを少し見失っているのかもしれません。

『特別な人間でありたい』という思いは、誰しも少なからずあるものです。

そのこと自体は責められるものではありませんが、その思いが強すぎると、自分本来の長所や短所から目を背けがちになるもの。

周りの人の目ばかりを気にしてしまって、自分らしく生きられない状態に陥っていませんか?

もし今の自分に息苦しさを感じているとしたら、そろそろ方向転換するべきタイミングかもしれませんよ。

▶︎関連記事
買う夢の意味とは?
 

スポンサーリンク
 

6.画家に自分の肖像画を描いてもらう夢

 
自意識過剰気味のようです。
画家に色々な要求をしている夢ほど、その傾向が強まります。

このままいくと、まずいかもしれません。
適当なところでストップしておかないと、対人トラブルを招きかねないでしょう。

くれぐれも気をつけてくださいね。
 

7.有名な画家と食事する夢

 
地位や名誉などに対する憧れが強くなっているようです。
同時に、自己顕示欲もむくむくと顔を出し始めています。

もし、それが楽しい食事であれば、自己顕示欲が満たされるサイン。
周りからの評判も高まり、気分良く日々を過ごせそうです。

ただし、つまらない雰囲気で食事をしているとしたら、周りの対応に不満を募らせてしまいそう。

食事の雰囲気にも注目して、その意味を判断してみてくださいね。

▶︎関連記事
食べる夢の意味とは?
 

8.画家になる夢

 
自己表現したい欲求が強くあらわれた夢。

それだけモチベーションが高い状態と言えますが、その分どうしてもうるさく自己主張しがちな傾向です。

注意していないと、対人関係などに悪い影響を与えかねません。
常に冷静な言動を心がけ、自己アピールもほどほどにしたいところ。

また、描いた絵そのものが今後の未来を暗示しているケースもあるようです。
絵の様子が印象的な場合は、その可能性が高まります。

よく思い出して慎重に判断してみてくださいね。
 

9.有名な画家として活躍している夢

 
もし、夢の中でチヤホヤされていたとしたら、それはあなたの持つ願望がそのまま反映されたもの。
隠しきれないほどの自己顕示欲が大きくなっているようです。

逆に言えば、今の周りからの評価に強い不満を持っているということ。
つまり、この夢は虚栄心を満たすために見る夢とも言えるでしょう。

夢の中で不満を解消し、現実を前向きに生きていくことが大切です。

▶︎関連記事
芸能人の夢の意味とは?
 

10.知り合いが画家になる夢

 
その人に対する憧れや嫉妬の気持ちのあらわれです。
特に人気画家として知り合いが登場する夢ほど、その意味合いが強くなります。

相手の良いところを学び、自分の成長い繋げていきたいところですね。

また、もし相手が異性であれば、そこに恋愛感情があるのかも。
相手の個性的な部分に惹かれているのかもしれませんね。

▶︎関連記事
夢に出てくる人の意味とは?
 

スポンサーリンク
 

まとめ

 
画家の夢の意味、いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、人の個性や魅力を知ってもらうのには、過剰なアピールは必要ないはずです。
むしろ、自然に醸し出されるのが本物の個性と言えるでしょう。

自己アピールをすることばかりに気持ちが傾いていると、むしろ逆効果になる恐れも十分にあります。
画家の夢を見たら、そういった傾向に陥らないように気をつけてください。

今回の記事があなたの夢を読み解くヒントになれば幸いです。
それでは。

キーワード(単語)で夢を検索

カテゴリーで夢を検索